• iPhoneXに機種変更するなら下取りを使おう

    いよいよ10月27日の16時1分より予約受付が開始となり、11月3日に発売開始となるiPhoneX。

    今までのシリーズにあったホームボタンを廃し、フレームレスの構造で端末一杯に広がる液晶画面が世の中の注目を浴びています。
    9月にiPhone8とiPhone8Plusが発売されたこともあり、発売当初は出荷台数が少ないと言われています。
    また、お値段も64GBで一括12万円、256GBに至っては一括14万円と今までのスマートフォンとは比べ物にならない金額となっています。

    その高価なiPhoneXに機種変更する際に考慮したいのが、現在お使いの端末を下取りに出すことです。
    DOCOMO、au、SoftBank、いずれのキャリアも下取りキャンペーンを行っており、上手く施策を組み合わせれば定価の半額ほどでiPhoneXに機種変更することができます。
    ただし下取りに出す際に注意すべきことは、端末の状態と事前のバックアップです。

    iPhoneXの機種変更に関する情報が閲覧できます。

    端末の状態が悪かったり、あるいはルート化されたりした場合には査定額が下がったり、そもそも下取りを拒否されることもあります。

    バックアップに関しては下取りに出す端末は目の前で初期化され、工場出荷状態に戻されるため、予め残しておきたいデータをどこかに保存しておく必要があります。



    iCloudやGoogleドライブなどがそのバックアップに適しています。



    下取りを活用すれば安く機種変更できるチャンスが増えるので準備ができたら、使うのも選択肢の1つです。